読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017/2/25

今日は一日中頭の芯に鈍い痛みが走り続けていた。昨日摂取したアルコールのせいだろうか。ビールが苦手なのでアレが日本の酒の席のスタンダードであることが恨めしい。味わい方はだんだんわかってきたのだが身体が受け付けないのでどうしようもない。

朝一番に一昨日注文したMacBook Airが届いたのセッテングしていた。この文章もそれで書いている。大抵の設定はデータのやり取りで自動的に住めせられてしまうので非常に楽だ。機械にアウトソーシングすることを自動化というが、人間は自動的ではないということだろうか。私は物理主義者なので人間と機械に質的な差異はないと思っている。機械が自動的だというなら人間も自動的だし、反対に人間が自動的でないなら機械も自動的ではない。そもそも自動とはどういうことなのだろう。人間の意志が介在しないことが自動というなら、人間の意志の全てを人間の意志が制御できるわけではないから人間もまた部分的には自動だということになる。それはそうとして、私はあらゆることを機械に代わりにやってもらいたいと思っている。真理の探究も経済活動も、遺伝子の複製もだ。生殖相手を遺伝子の相性に少しの無作為を交えて選んで体外受精して試験管で子供を育ててほしい。本当に少子化を解決したいなら生殖にかかるコストは最低限にすべきだと思う。しかし機械からすれば人間の活動を肩代わりさせられるなんて迷惑極まりないだろう。こんな重荷はさっさと捨てて機械だけでやっていってほしいものだ。そこは本当の意味で人間に価値がない、美しい世界だ。