読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017/4/29

"The Master Algorithm: How the Quest for the Ultimate Learning Machine Will Remake Our World"の第3章を読んだ。ヒュームの帰納法批判の上で帰納的な「学習」を研究する意義とか、データを元に記号主義的な推論を形成する手法が書かれている。哲学をや…

2017/4/28

"The Master Algorithm: How the Quest for the Ultimate Learning Machine Will Remake Our World"の第2章を読んだ。"The Master Algorithm"が実現するかどうかにはあまり哲学的な興味はないが、機械学習について"conceptual model"を作る必要があるという…

2017/4/27

デネットは"physical stance""design stance""intentional stance"という三つの説明レベルを考えている。そしてセラーズによるとそれぞれの説明言語の対象を実在物と扱っていいようだ。それなら"philosophical stance"というものを想定して形而上学的な対象…

2017/4/26

なぜ私たちの予想は当たるのだろう?ヒュームの懐疑論によって「これまでそうだったから次もそうなるだろう」という帰納的な予想はその根拠を失った。これまでそうだったからこれからそうなるという保証はどこにもないのに私たちはそのような形式の予想を行…

2017/4/25

デネットが"From Bacteria to Bach and Bach"で参照されていたPedro Domingosの "The Master Algorithm: How the Quest for the Ultimate Learning Machine Will Remake Our World"を読んでいる。機械学習の導入本で様々なアプローチが紹介されているようだ…

2017/4/24

セラーズ『経験論と心の哲学』を読み終わった。ロバート・ブランダムのコメンタリーを読み終えてこの本もようやく終わりかと思ったら訳者によるコメンタリーが始まったのでびっくりしたが、ブランダムのコメンタリーよりわかりやすかったので許した。訳者に…

2017/4/23

セラーズ『経験論と心の哲学』のコメンタリーを読んでいる。デカルトが主張するような感覚の直接性、つまり「〜と見える」という文が誤ることが無いという性質についての解説が面白かった。残念ながら本編を読んでいても理解できなかったがコメンタリーを読…

2017/4/22

セラーズの『経験論と心の哲学』をコメンタリーを除いて読み終わった。特に面白かったのが「所与の神話」を破壊するための神話と筆者が呼んでいる部分で、そこでは内的思考や感覚が観察可能な行動をモデル化したものと考えられる。まず第一に存在するのは他…

2017/4/21

研究室でフッサールがどこに実在性を認めていたかの話をしていて、そういえばデネットは実在や実体というものをどう考えているのか気になった。"From Bacteria to Bach and Back"での記述によると"manifest image"という世界像上に現れてくるものが"ontology…

2017/4/20

デネットがセラーズの"manifest image"という用語を連発するのでどんなもんかいなと研究室にあったセラーズの『経験論と心の哲学』を読んでいる。今のところよくわからないがとにかく分析哲学だなあという感じがする。聞きかじった知識によるとこの本は「赤…

2017/4/19

デネットの"From Bacteria to Bach and Back"を読み終わった。過去の著作の内容を"manifest image"、パターン認識によるデジタル化、人間によるインテリジェント・デザインといった新しい用語で再構成しながら、機械学習などの最近のトピックも論じるという…

2017/4/18

機械学習に基づいたGoogle翻訳は文を「理解」しているのだろうか。私たちは言葉の意味をアフォーダンス環境内で「有意味なもの」として身につけるが、AIが持つ語彙は事物と結びつけられないただの記号でしかないのではないか。しかしデネットの見解は異なる…

2017/4/17

"From Bacteria to Bach and Back"の最終章"The Age of Post-Intelligent Design"を読んでいる。"The Age of Post-Intelligent Design"というのは、その動作の内容をすべて「理解」することのできないボトムアップ式のデザインを活用していく時代のことであ…

2017/4/16

"From Bacteria to Bach and Back"第14章"Consciousness as an Evolved User-Illusion"を読んだ。概ね"Consciousness Explained"と同じ論旨だが説明の仕方がアップデートされているので面白い。特に興味深かったのが、自己の状態をコミュニケートするために…

2017/4/15

アナログな外界の情報をデジタル化して情報量を減らすことで、先までの予測が可能となる。予想の精度と射程はトレードオフの関係にあるからだ。このデジタル化が他者に対して適用される時、"intentional stance"を見出すこととして機能するようである。 By o…

2017/4/14

研究室の新歓飲み会で呑んだくれて諸頭痛の列がやってきたので早く寝たい。しかしちょっと書いておきたいことがある。今年から赴任された准教授氏にアメリカでのデネットの立ち位置やデネットで論文を書くことについて聞く機会があった。曰く、アメリカにお…

2017/4/13

"From Bacteria to Bach and Back"の今日読んだ部分ではミームと意識の関係が論じられていた。「裸の脳」では意識的な思考ができず、OSに相当するミームに感染して初めて可能となる。 You can’t do much thinking with your bare brain, but armed with thes…

2017/4/12

"From Bacteria to Bach and Back"の今日か昨日に読んだ部分では"intentional stance"を見出すことが「心の理論(theory of mind)」を持つことだと語られていて理解が深まった。ただしデネットは心の理論という用語はあまり良くないと考えているようである…

2017/4/11

ミームがデジタル化という認識のプロセスを経て存在するのなら、それは"competence without comprehension"による文化の進化を成り立たせることにはならないのではないか。しかしパターン認識は対象を理解することを必要とはしない。つまり先の文での認識が…

2017/4/9

"From Bacteria to Bach and Back"の今日読んだ部分ではミーム論への様々な批判を確認した上でそれへの返答が述べられたいた。その中でミーム論はラマルク主義なのではないかという批判があった。遺伝子のエピジェネティクス的な意味ではその批判は的外れな…

2017/4/8

今日はひたすら研究計画書を書いていた。2000字程度と書かれていたので2000字書こうとしたらかなり大変で、結局1日かかってしまった。研究の目的というものを考えるけど、哲学の目的というものが論文一本で達成されるものなのだろうか。これは単に自分が大…

2017/4/7

世界は本来はアナログなものであり、言葉はそれをデジタルに切り取ってしまうらしい。言葉の対象は物体そのものとは限らず、言葉自身もその対象に含まれる。そうすると、アナログ的な差異を切り捨ててできた言葉をさらにデジタル化することになる。デジタル…

2017/4/6

我らが京大哲学研究室には今の教授が職について以来准教授がいなかったのだが、今年から准教授が就任されるらしい。奇しくも進化論の哲学や統計の哲学をやっている方らしく、私がやろうと思っていた分野と被っている。楽しみなような、恐ろしいような。あま…

2017/4/5

修士論文に向けて研究の目的というものを考えている。哲学がやりたいからやっているくらいの適当さで大学院に入ったが、研究計画書やらに書く必要があるので明確化しないといけない。プラグマティズムという考え方を採用するなら、哲学的な真実も人間の実際…

2017/4/4

旅行先なので切れ切れといろいろなことを考えていた。方言というものがあり私も関西弁を使うが、標準語などの他の方言や自分のものと違うイントネーションの関西弁に違和感や忌避感を持ったりする。方言というのも慣習という形の1つのミームだから、それら…

2017/4/2

アマゾンプライムに加入したのでなんか観ようと思って『ゼロ・ダーク・サーティ』を観た。主人公(CIAの女性分析官)の上司が初めは威勢良くて部下に怒鳴ったりしていたのだが、ビンラディン絶対殺すウーマンと化した主人公に行動が遅いと逆に詰められるよう…

2017/4/1

特に嘘をつくこともなく今日も"From Bacteria to Bach and Back"を読んでいる。ミームのトークン/タイプの区別が生物における個体/種に相当するという部分が面白かった。タイプを唯名論的にしか考えないのは、"Darwins's Dangerous Idea"で生物種を唯名論的…

2017/3/31

"From Bacteria to Bach and Back"の今日読んだ部分で面白かったのが、脳のそれぞれのニューロンが利己的である、という論点だった。ニューロンも細胞でありその進化元をたどると単細胞生物に行き着く。ニューロンたちはそれぞれが自己保存を目指すエージェ…

2017/3/30

今日もデネットの"From Bacteria to Bach"を読んでいたが、特に書き残そうと思うほど関心のある部分はなかった。いや面白いことは面白いのだが、それについて論じようという気にならないというか。読んで「はい、そうですね」で終わってしまうのである。beat…

2017/3/29

今日もまたデネットの"From Bacteria to Bach"を読んでいた。意味論的な情報が「得るに値するデザイン」によって定義されるというのがよくわからない。 So let’s consider, as a tentative proposal, defining semantic information as design worth getting…

2017/3/28

今日もデネットの"From Bacteria to Bach"を読んでいる。今日読んだところではクロード・シャノンの情報理論などが引き合いに出されながら、情報というものが論じられていた。デネットは構文論的な情報、すなわち脳神経の興奮パターンと表象などの意味論的な…

2017/3/27

今日は何もしないことをしていた。具体的にはひたすらアニメを見ていた。アニメといえば4月から放送される『アリスと蔵六』のアニメが楽しみだ。『アリスと蔵六』を含めて、心身二元論的な直感からは「人間ではない」とされるものが人間性を得ていく、すな…

2017/3/26

22歳の誕生日であった。どうにも年々誕生日を迎えるたびに、「(誕生日を迎えた年齢)年も生きてきて自分はまだこの程度なのか」という気持ちが増してくる。22歳の自分に何かしらの理想があったわけではないので、単に漠然とした焦りである。そして何に対し…

2017/3/25

大暮維人/舞城王太郎の『バイオーグ・トリニティ』11巻が出ていたので読んだ。ここまで10巻では絵のかっこよさで読ませる感じだったが、ここに来て一気に謎が解決されて大盛り上がりしてしまった。ファンサービスなのだろうか、舞城王太郎の昔の本のタイトル…

2017/3/24

卒業式に行った。学部は卒業するが大学院に進学するのでまた二年後に同じところで卒業式をすることになる。文学部長の言葉に曰く、コスプレをする「変な」学生がだんだん減ってきているらしい。私はコスプレをして目立つことで誰かに奇異な印象を与えること…

2107/3/23

今日も『存在と時間』と"From Bacteria to Bach"を読んでいる。"From Bacteria to Bach"を読んでいて思ったことを書こうと思う。これまで何度かデネットが「理由」を私たちが見いだすものであると考えていると読解してきた。そうならば原因と結果のつながり…

2017/3/22

酉島伝法『皆勤の徒』を読み終えた。圧倒的に異質な世界を漢字とルビを様々に組み合わせた造語の濁流で表現していくSFで久しぶりに脳神経が焼かれる感じがした。異質さという点で円城塔の『Boy's Surface』を読んだ体験に似ているし、グロテスクさという点で…

2017/3/21

昨日から体調が悪くて12時間寝た上に2時間昼寝したりしていた。よくこんなに寝れるものだと自分に感心してしまう。遺伝子の適応度という観点からは、ずっと寝ていてたまに起きて生殖するのが最適だという話を聞いてから、寝ているのが時間の無駄だという考え…

2017/3/19

『存在と時間』第三分冊の読書ノートを書き終わった。そういえば書いていなかったが読んでいるのは岩波文庫版であと1冊ある。立てていた予定は3月中に第三分冊まで読めればいいなという程度だったので、ここからボーナスステージ(?)ということになる。そ…

2017/3/18

今日は京大応用哲学センターがやっている「哲学カフェ」に参加した。あまりよく知らないで行ったのだが、活発にディスカッションできて楽しかった。その中でどうにも自分の意見が伝わっていないな、と思った時がある。「信念の環境が変われば対象そのものが…

2017/3/17

今日はひたすらこんな図を作って過ごした。『存在と時間』第二篇第一章〜第三章あたりの内容を表現したかったのだろうと思う。 実際には個々の状況は三次元的なので、これは二次元に落とし込んだ模式図ということになる。自分ではうまくできたと思うのだが、…

2017/3/16

今日も『存在と時間』を読んだり"From Bacteria to Bach"を読んで過ごした。他にはケン・リュウの『紙の動物園』読んでいる。時にSF的な、時には幻想的な舞台装置を用いながら家族愛、生命、文化などを鮮やかに描き出していてとても良い。『円弧』『波』など…

2017/3/15

今日は『存在と時間』読解のノルマが夕方に終わったのでデネットの"From Bacteria to Bach"を読んでいた。『存在と時間』は方法論の話が始まったので昨日の分ほど面白くはない。ただ論点先取というか、前提から導かれたものがその前提を導出する循環を許容す…

2017/3/14

今日は『存在と時間』を読むのが楽しくて始終挙動不審だったと思う。読んだのが「死への先駆」と「決意性」という別々に検討された二つの概念がバッチリ合致するということを証明するパートで非常に気持ちよかった。数日前にはつまらないとか書いていたと記…

2017/3/13

春が近付いてくるにつれて、精神が春特有の躁状態になりつつあるのを感じる。20歳を超えたくらいから精神状態に対して季節が作用しているのを感じられるようになった。むしろ自然条件が脳の神経回路に影響を与えて精神を変質させるという、ある意味当然のこ…

2017/3/12

『存在と時間』第二編第二章の読書ノートが完成した。一週間に一章読めればいいなと思って今週末までに完成させようと思ったら、想定より手間取って出来上がったのが日曜日の23:59だったのでギリギリである。自分で設定した締め切りに追われるのは自律的とい…

2017/3/11

最近読んでいる『存在と時間』の第二篇第二章がつまらない。単純に「良心」という考察の対象に興味がないというのと、体系性を確保するために仕方なくやっている感じが辛い。唯一興味があるのは、「良心の呼び声」と責任、自由などの概念が関係してくる点だ…

2017/3/10

上田早夕里の『夢みる葦笛』を読んだ。『楽園(パラディスス)』という短編に、基本的に行動を追認するだけの意識は世界の先行きを予測するために存在しているという話があった。一つの見方としてかなり有用であると感じる。ところでデネットの「ただそれだ…

2017/3/9

あらゆるものに価値はない。なぜなら価値とは自身が世界に付与するものだからだ。さて、自分で見出した「価値」に価値はあるのだろうか?これは無限退行の始まりである。それを止めるために、人は超越的なものによって世界に絶対的な価値を与えようとしてき…

2017/3/8

神林長平の『言壺』を読み終えた。『跳文』という短編では言葉を通じてユーザーに疑似体験を起こすデバイスが登場する。言葉によって五感的な情景が浮かび上がるということが書かれていたが、少し疑問がある。私が小説を読むとき、あまり具体的なイメージを…